娘に指摘された私の口臭


加齢とともに口臭は強くなるようです。

 

私は、ある日娘に話しかけたときに「お母さん、口が臭い」と言われて、はじめて自分も口臭がするのだと気づきました。

 

それからは、1日に必ず3回以上は歯みがきをしています。

 

けれども、家族以外の誰かと話をするときに「口臭がしないだろうか」と気になり、自信が持てなくなりました。

 

相手が顔をしかめないかとか、嫌な表情をしないかとかを見たりするようになっています。

 

そして、なるべく離れて話をしたり、誰かに近づいてしまったときは息を止めるようにもなりました。

 

それで口臭が伝わらないかどうかはわからないのですが…。

 

娘にも何度か臭わないか聞いてみました。最初に言われたとき以外は「大丈夫、臭わないよ」と言ってくれたので、少し安心していますが、一度味わったコンプレックスはなかなか払拭できません。

 

私の口臭を娘が指摘する以前に、私が夫の口臭が気になって、そのことを言ったことがありました。

 

 

それ以来、夫はたびたびキシリトールガムを噛むようになっています。私もときどきそれをもらって噛んだりもします。

 

口臭がひどくなったら、最近新聞広告などでよく見る「なたまめ」製品を試してみようかなと思っています。

 

やや高価なようですが、自分に自信を持ち、人を不快にしないためには必要経費かなと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ