気になっていたけど、言えなかった主人の口臭


今年で40歳になる主人が口臭をとても気にするようになりました。
私もなんとなく少し前から「口臭があるかな」と気にはなっていました。近くで話をすると
キツイ匂いがあることが度々ありました。

でも家族とは言え、なかなかそれを指摘することができず…。

そんな時主人の実家へ行く用事がありました。義理の父母はなんでもハッキリ言うタイプ。
夕食を一緒に食べている時お母さんが主人に「あなた口がくさいわよ!」と言ったのです!

主人は「ほんとに!?」とびっくりしていました。帰りの車の中で主人に聞かれましたが、
「私は鼻炎があって気づかなかった」と言い訳しました。

それからは毎日の歯磨きにも気を遣い。口臭ケアグッズもいつも鞄に入れています。
またしばらく行っていなかった歯医者にも行かせ、歯のクリーニングをしてもらいました。

また歯間ブラシも購入。毎日手入れをしています。
でも歯科医の先生から口臭は胃や腸からくる場合もありから、あまりにひどいようなら一度病院で内科検診をすることも考えてみたらと言われています。

でも歯のクリーニングに定期的に行くようになってからは口臭もずいぶん気にならなくなってきました。お母さんがあの時、はっきりと言ってくれなかったら今でも気づいていなかったかもしれません。ぜひ、家族の方は遠慮せず、その人のためだと思って言ってあげるべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ